スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・。

2010.09.24.00:05

ジャズ音楽史のレポートを終え一段落。
終わって見た感想は、「時間かけすぎ」


ですよねー(´・ω・`)orz

時間があると、余裕が生まれ
余裕があると、色々考え
考えた末が、現実逃避






いやいや、あかんやん( ゚д゚)

ポケモンやっとる場合やないやん( ゚д゚)





とまぁ、休みだった2日間をインドアに有意義に過ごしました。たまにはいいよね。インドア。
上に書いた通り、時間があると色々考えてしまいがちです。

僕は、この間のオーディションを落ちたことが結構効いてます。
まぁ、色々要因はあるし、俺は出せるもん全部出したし、正直落ちた要因は自分以外の所にある気がしてあんまり言えないけど。。

けどさ、それっていうのは本番までの過程で厳しくできなかった自分も悪いと思うんだよね。
周りが引っ張って行ってくれるだろうとか、普通なら先輩が引っ張っていくでしょ?、みたいな甘えが確かにあった。
それがダメやったんやなぁ?(´-ω-)

音楽以外の面での後悔がたくさんあって、悔しい。
そして、やっぱり結果として認められなかったのも悔しい。


自分のドラムが評価されなかったと同じように感じる。。




終わってしまったことを引きずっても仕方ないから、次のアンサンブルは誰と組むことになろうと絶対合格したる。ただそれだけ。




来週はテストと、レベルチェックがある。
そこで結果出したる(`・ω・)

結果が出れば、文句は言えんやろ。



いや、文句は言われてないんやけどさ(´_ゝ`)笑







正直書きます。

最近、自分の理想としているドラムのスタイルは、音楽的には良くないと思う。
音楽的、というと正解も不正解もないと思うけど、やっぱり認められない方向な気がする。

ある程度の音量を出して、前に出てくるけど、ボーカルよりは大人しめ、気持ちがこもってて、見ていて気持ちがいいドラマー。


これが俺がカッコイイと思うドラマーの要素です。


けどね、ドラマーはバンドの土台、リズムの要、前に出てくる必要はない。歌があるならなおさら。
そして音色も求められる。



学校の先輩で、僕が個人的にすごく好きなボーカルさんがいて、その人に「○○さん!いいドラマーってどんなドラマーやと思いますか??」って聞いてみたんよ。

そしたら、「ボーカルの個性とかに合わせてドラムを叩いて、ボーカルを目立たせるドラムを叩けれたら歌モノのバックとしては良いドラマーだと思うよ!!」
的なことを教えてくれました。。



ボーカルの個性に合わせたドラムっていうのは、コーラスの授業とか、アンサンブルでやってていろんなボーカルさんの後ろで叩いてたからなんとなく掴めたけど・・・。ボーカルを上げるドラムってなんだ( ゚д゚)?


フレーズ的な問題なのだろうか。。
うーむ・・・。笑


俺が浮かんだ曲に対するアプローチは、どうも俺らしさが溢れてて、客観的に聞くと目立つんだよなぁ。悪い言い方すると、邪魔な気がする。割とね。















ま、わかんねーわ










(・∀・)ドーン!笑









結局そんなもんは楽曲やバンドによって様々だし、これはある意味俺の個性なんやと捉えたら間違ってはいない。ただ幅が狭いだけ。気になるなら幅を広げればヨシ。

はぁ?、エモとかメロディックのドラムって幅が狭いのね。残念(・∀・)笑



歌モノとか、ジャズには対応できまてん。笑




さーて、なにから練習すりゃーいいかよくわからんが、今やるべきことから進めようではないか(`・ω・)








取りあえず書いてみる(笑)

・モノホリの曲の練習
・課題曲と自由曲の練習
・ハーモニーとイヤトレのテスト対策
・基礎練習(機密事項)


以上です。見事に練習のことばかりで頭が痛いです。
けれど、がんばります。

基本的に自分に自信がない人間なので、なにかの形で評価されないと落ち着きません。
触れられないのが一番嫌だ。


10/1、10/16,17、見せ場はたくさんあるから、たくさんの人に認めてもらえるように頑張りたい。
そしたらきっと、少し自分を好きになれる気がする。少しだけ。ファイト、俺。



コメント返信(・∀・)

椎茸>>だよね???!!!ふしぎ。。
まずは、曲が凄い。複雑。それに加えて楽器隊は歌モノ系の演奏。そしてクリーンのエモいボーカル。

芸術性が高くて、加えて商業性の要素もある。すごいね。尊敬。
ああいうバンドになりたいわ!


タケさんは、きっとまた会う機会があると思うよ。笑
スポンサーサイト

comment

Secret

2010.09.24.00:44

「自分がやりたい」とか「自分の理想」と「他人に認められる」のって別物なんですね…

ドラムの立ち位置の在り方って、やっぱり難しいです(´・ω・)
前に来るドラムは個人的には好きですけど

No title

2010.09.26.11:42

まいど~^^
「ボーカルの個性とかに合わせてドラムを叩いて、ボーカルを目立たせるドラムを叩けれたら歌モノのバックとしては良いドラマーだと思うよ!!」

簡単そうで難しい。どのパートの奏者にも言える事。バンドってね人数が少ないだろ。だから各自が”俺も、俺も”ってなっちゃうんだよね。吹奏楽やった経験があると自己主張が抑えられちゃいます。指揮者のイメージで演奏しなきゃいけないから。後、各パートでまとまっていても全体がまとまらなきゃ意味がない。要は”一心同体”を作り出す事。どんなに人数が多くても少なくても同じ環境で演奏する気持ちを作り出す。
you tubeでT-スクエアのライブ動画みてみなよ。拓ちゃん見る所が違うと思う。技術や奏法じゃなくてプレイヤーの表情見て欲しい。すっげぇ~楽しそうにしかもお互いの関係を重視しながら演奏してる。これがさっき言った
”一心同体”。生まれも育ちも違う奏者が一つになれる技術を身につけて欲しい。若いと中々難しいかもしれないけど・・・

俺みたいな奴が長々と説教みたいにコメントするのは生意気かもしれないけどプロを目指した時の部活の顧問の言葉です。その人、今は自宅でバイオリン教室やってます。元大阪フィルハーモニーのコンサートマスターしてた人です。たまに連絡取り合ってます。いいおじいちゃんです。^^
プロフィール

Takuya@drums

Author:Takuya@drums
ニックネーム:こだまっち
性別:男性
誕生日:6/24
血液型:B型
生息地:岐阜県
PART:Drums

最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。